お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!

京セラ

京セラが販売しているトナーの中でも、人気のある品番をチェック。どこが一番安くて保証が充実しているのか、各ショップ別の最安値や送料、保証を調べました。ぜひ見比べてみて下さい。

京セラのトナー、最安値を探しました

●ショップ別、トナーの最安値比較

リサイクルトナー
販売店
TK-131 TK-361 TK-441
純正価格
14,000円
純正価格
12,000円
純正価格
24,624円
こまもの本舗 2,250円 4,920円 3,888円
アップルトナー 取扱なし 取扱なし 6,050円(1本の価格)
トナプロ 4,536円 6,372円 4,968円
トナー.jp 4,752円 4,536円 2,970円
トナカイ便 7,290円 8,424円 7,479円(1本の価格)
ヨコハマトナー 4,930円 5,250円 4,060円

※上記の価格は2017年5月に調査したものです。

京セラのトナーを3,000円台で購入可能!

国内で根強い人気を誇る京セラのプリンターですが、今回その京セラのプリンターに対応した人気のトナーを各ショップで調べてみました。

その結果、表を見るとわかりますが、互換トナーを扱っているこまもの本舗が一番安く買えることが分かりました。

京セラのトナーは他メーカーに比べると価格が高いものが多いのですが、こまもの本舗の互換トナーなら2,000円~3,000円台での購入が可能です。

純正品との価格差は10,000円以上のものがザラにあります。特に価格の高いトナーになるとそれが顕著になり、今回調べた人気型番TK-441では価格が実に1万6千円にもなります。

これか年間となるとオフィスや店舗において大幅なコスト削減になることは言うまでもないでしょう。

こまもの本舗では、品番によってはリサイクルトナーのみの販売になりますが、1本から購入できますし、送料も無料とお得。

他店では取り扱いのない品番も取り揃えているので、必要なときに必要なトナーを購入することができます。

こまもの本舗のショップ案内ページでは、品質の良さについても調べているので、そちらもショップ選びの参考にしてみて下さい。

京セラの純正品リサイクル

京セラでは、資源の再利用のため使用済みトナーコンテナの回収・リサイクルを行っています。京セラプリンターには、トナーを感光体ユニットまで運ぶ現像ローラーや、自動でヘッドクリーニングを行う機構など複雑な部品がないので、再利用しやすい構造になっているのが特徴です。

無償回収サービスに申し込む

プリンターで使い切ったトナーコンテナは、WebかFAXで申し込むと業者がオフィスまで回収に来てくれます。複写機や複合機のトナーについては、最寄りのサービス事業所かメンテナンスを担当している販売店に問い合わせる必要があります。

使用済みトナーを梱包する

使用済みのトナーコンテナは、新しく交換したトナーキットが入っていた箱に再梱包してください。京セラ以外のトナーや、改造・再充填されたトナーは回収できないので注意してくださいね。

トナーの再利用

トナーコンテナはキズや汚れ、破損がないかどうかの品質確認を行ったうえで内部を清掃し、新しいトナーを充填して再び製品として販売されます。

京セラの人気プリンターと対応リサイクルトナーを紹介

京セラが販売しているプリンターの人気機種をいくつか紹介したうえで、純正品のトナーを使った場合と、こまもの本舗のリサイクルトナーを使った場合どのくらいコストに差が出るのか比較してみました。

京セラのおすすめレーザープリンターまとめ

機種名 性能 価格 特徴
LS-C8650DN
A3サイズまで対応した、京セラのカラーレーザープリンターハイエンド機種。
モノクロで毎分55枚、カラーでも毎分50枚の印刷が可能。給紙容量は標準で550枚。
2012年発売、希望小売価格は498,000円。実売レベルで考えると400,000円前後で新品が手に入る。
印刷速度の速さが最大の強み。
また、事業形態に合わせてさまざまなオプションが用意されており、カスタマイズの選択肢も広い。
ECOSYS LS-4300DN
A4サイズ対応のモノクロレーザープリンター。
印刷速度はA4用紙なら1分あたり60枚。給紙容量は500枚。
2013年発売モデル。希望小売価格は198,000円。
市場価格だと150,000円前後といったところ。
コストパフォーマンスのよさと高速印刷性能、豊富なオプションなどが魅力的なプリンター。
サイズも大きくはないため設置しやすい。
ECOSYS FS-C5400DN
A4用紙の印刷までできるカラーレーザープリンター。
1分あたり35枚の印刷が可能で、給紙容量は500枚。
2010年発売モデルで、希望小売価格は218,000円。
受注生産品だが190,000円程度で購入することも可能。
印刷速度もそれなりに速く、最大2,650枚の連続給紙にも対応しているにもかかわらず、コンパクトなサイズが魅力。

LS-C8650DNの純正トナーとリサイクルトナーを比較

「LS-C8650DN」は、標準2段カセット搭載のA3サイズカラーレーザープリンターです。京セラが販売しているカラーレーザープリンターシリーズのなかでも印刷速度の速さが非常に優秀で、モノクロなら1分あたり55枚の印刷ができます。

外出先からiPadを使ってFAXができる機能に、USBメモリやクラウド上のデータから印刷できる機能なども備えており、個人認証システムも用意されているため業務用途には最適な一台といってもよいでしょう。

「LS-C8650DN」の純正トナーは、「TK-8601」となっています。

印刷に必要なトナーは4色あって、黒のみ希望小売価格が税込19,440円。他3色は1つあたり税込30,240円です。トナー1つで、30,000枚の印刷をすることができます。

こまもの本舗で販売されている「LS-C8650DN」のリサイクルトナーは「TNS-TK-8601」シリーズです。印刷可能枚数は純正品と同じで、黒も黒以外の色もすべて1つあたり税込7,992円。ざっくりと両者のコストを比較してみると、純正トナー1つの値段でこまもの本舗なら4色すべてのトナーが揃う計算になります。

ECOSYS LS-4300DNの純正トナーとリサイクルトナーを比較

「ECOSYS LS-4300DN」は、特殊用紙からA4用紙まで対応するモノクロのレーザープリンターです。印刷速度ならハイエンドモデルすら上回っており、毎分60枚もの印刷が可能。給紙容量も標準で500枚とたっぷりあるので、オプションを追加せずとも問題ありません。

「ECOSYS LS-4300DN」の純正トナーは1本あれば25,000枚の印刷ができる「TK-3131」で、希望小売価格は2本セットで税込32,400円。

こまもの本舗なら「QR-TK-3131-RC」が税込5,350円で手に入ります。

純正品と違って、こまもの本舗ならトナーを1本ずつ購入できるので、1回あたりの購入コストも安いです。

ECOSYS FS-C5400DNの純正トナーとリサイクルトナーを比較

「ECOSYS FS-C5400DN」は、A4サイズのカラーレーザープリンターです。

デスクにも設置しやすいコンパクトなサイズながら、毎分35枚の印刷速度と500枚の給紙容量を備えており、最大で2,650枚の連続給紙まで可能。受注生産品なので、好みに応じてオプションをカスタマイズして会社に導入できるのも強みです。

純正トナーは「TK-571」シリーズで、黒のみ税込17,280円、他色は25,920円なので4色揃えると95,040円かかります。

こまもの本舗のリサイクルトナーは「QR-FC-TK-571-RC-4」。

好きな色のトナーを4つ選ぶことができ、税込19,900円です。純正品とリサイクルトナーの価格差はなんと4.7倍もあります。コストパフォーマンスのよさはいうまでもありません。