お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!

エプソン

エプソンで使われている人気のトナー品番の中から、人気の多いものを選びました。それぞれのショップごとの最安値を載せているので、トナー選びの参考にしてください。

エプソンの激安トナーの徹底調査

●ショップ別、トナーの最安値比較

リサイクルトナー
販売店
LPA4ETC7 LPB4T15 LPC4T8C
純正価格
10,500円
純正価格
10,880円
純正価格
8,380円
こまもの本舗 3,518円 1,800円 1,800円
アップルトナー 3,900円 3,100円 2,600円
トナプロ 3,888円 3,888円 3,888円
トナー.jp 4,104円 3,780円 3,240円
トナカイ便 4,320円 4,698円 4,104円
ヨコハマトナー 5,580円 取扱なし 2,180 円

※上記の価格は2017年5月に調査したものです。

こまもの本舗なら1,800円台でトナーを購入できる

国内屈指の人気のプリンターメーカー「エプソン」。オフィスや店舗で利用されている方も多いと思います。

このエプソンで需要の高い品番3つの価格を調べたところ、各リサイクルトナーショップでは2,000~4,000円でトナーが購入可能だということが分かりました。

今回調べたエプソンの人気のある純正品トナーの価格は8,000~10,000円ほど。たとえばこまもの本舗の互換トナーを購入した場合、1,800円台で購入ができるため、差額を考えると大幅なコストカットが可能になります。

送料込みで計算した場合、最安値であるヨコハマトナーとほぼ同価格。ただ品質の良さや品揃えの豊富さ、後払いが可能かどうか、など複数のメリットを考慮すると総合的な使いやすさでは、やはりナンバー1だと言えます。

安いだけではなく、しっかりと高品質なリサイクルトナーも取り扱っているので、選択に困ることはありません。

こまもの本舗では、ここに紹介した以外にもエプソンのトナーを色々と取り揃えているようなので、公式ホームページで愛用しているトナーの品番をチェックしてみてください。

エプソンの純正品リサイクル

エプソンは社会貢献と環境保全を図るために、使用済みのカートリッジを訪問回収して再資源化しています。

カートリッジの回収

使用済みのトナーカートリッジを回収してもらうには、「Web法人会員」への登録が必要です。登録が済んだら、会員ページから専用回収箱を請求。回収箱は小型・中型・大型の3種類が準備されており、依頼する量に応じて自由に選ぶことが可能です。会員登録をして回収を依頼すると、エプソンダイレクトショップで買い物ができるポイントがもらえますよ。

エプソンでは、自社製品でないカートリッジの回収を行っていません。エプソン社の製品であるかどうかを見分けるには、「EPSON」のロゴがあるかどうかを確認しましょう。

再利用・再資源化

全国から集められたカートリッジはエプソンの仕分け工場に送られ人の手によって分解・分別。トナーカートリッジは品質管理をしたうえで再使用するほか、プラスチックや金属、紙などの材料として再資源化されています。

エプソンのレーザープリンターと対応リサイクルトナーの機能と費用を比較

大手印刷機メーカーとしても有名な、エプソンが販売している人気プリンターをいくつかピックアップしてみます。 なるべく本体も安く導入することができて、リサイクルトナーも揃っている機種をまとめました。また、純正品とリサイクルトナー、またリサイクルトナーの中でも信頼性の高いパイロット社製のコストを比較していきます。

エプソンのおすすめレーザープリンター3機種まとめ

機種名 性能 価格 特徴
LP-S300 A4サイズ対応の、モノクロレーザープリンター。1分あたりの印刷速度は28枚と高速で、両面印刷にも対応している。給紙容量は標準で250枚と、MPカセット50枚を合わせて計300枚。 2008年発売モデル。公式価格は59,800円。 デスクトップタイプで、パソコンの横に置いて利用できる。モノクロ限定なので印刷速度もまずまず速く、業務用にも最適。
LP-1400 A4サイズのモノクロレーザープリンター。印刷速度は毎分20枚で、電源を入れてから約30秒で印刷開始可能。給紙容量は180枚となっている。 2003年発売モデル。公式価格は39,800円。ただし、市場を探せば本体価格が1万円を切る中古品も多い。 LP-S300に比べるとやや性能は落ちるが、そのぶん導入コストが安い。コンパクト機種なので、設置スペースも自由に選ぶことができる。
LP-S310 サイズはA4のモノクロレーザープリンター。印刷速度は1分あたり35枚で、給紙容量は300枚。 2010年発売モデル。公式価格はオープン価格だったが、実売3万円から4万円で購入可能。 価格と機能性のバランスが良い機種。A4の高速印刷も可能で、給紙容量も多いため使い勝手は抜群。

LP-S300の純正トナーとリサイクルトナーの機能と費用を比較

手頃なサイズと本体価格で購入しやすい、A4サイズのモノクロレーザープリンターである「LP-S300」は、リサイクルトナーでも利用可能です。純正トナーはいくつかありますが、3,500枚の印刷を可能とするETカートリッジの「LPB4T9」を比較してみましょう。

「LPB4T9」は、公式価格だと税込みでひとつ22,680円です。一方、こまもの本舗で販売されている、パイロット社製のリサイクルトナー「RET-LPB4-9」の販売価格は、6,376円となっています。さらに、メーカーに関係なくこまもの本舗のトナー最安値を調べてみると、「TNS-LPB4T9」が期間限定の特別価格3,715円で販売されていました。

公式の純正トナーと価格を比べると、最安値商品は約83%オフ。トナーをリサイクル品に変えるだけで、どれだけランニングコストが安くできるかがわかります。

LP-1400の純正トナーとリサイクルトナーの機能と費用を比較

「LP-1400」は、コンパクトサイズのA4モノクロレーザープリンターです。2003年に発売されたモデルなので、最新機種と比べると機能性や印刷速度にはやや劣る部分もありますが、白黒の書類を印刷するだけならまったく問題のない機能をもっています。

純正トナーの品番は、「LPA4ETC7」で、印刷可能枚数は3,000枚です。標準価格は11,340円となっていますが、こまもの本舗で販売されているパイロット社製のリサイクルトナー「RET-LPA4-7-P-TK」の価格は5,863円となります。

さらに、最安値を探すと「QR-LPA4ETC7」が3,518円で販売されていました。コストパフォーマンスで見ると、純正品とリサイクルトナーには圧倒的な差があります。

LP-S310の純正トナーとリサイクルトナーの機能と費用を比較

「LP-S310」は、大量のモノクロ高速印刷が可能な機種です。モニタ付きなので操作も簡単で、純粋な印刷速度でも上述の2機種を大きく上回っています。ある程度は安い方が良い、印刷する書類が大量にあるという人におすすめのレーザープリンターです。

純正トナーである「LPB4T12」の価格は16,416円で、ひとつあたり3,000枚の印刷ができるようになっています。これがリサイクルトナーになると、パイロット社製のもので「RET-LPB4-12-P-TK」が5,832円、他メーカーの「TMC-LPB4T12」なら3,499円で購入可能です。