お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!
リサイクルトナーの通販サイト徹底比較 » 【メーカー別】激安トナー価格一覧

【メーカー別】激安トナー価格一覧

ブラザーやキャノンといったメーカーごとに、各通販サイトにおけるトナーの最安価格をまとめました。

売れ筋メーカーごとにトナーの最安価格を一挙に紹介

現在使っているプリンタのトナーを激安トナーに変えると、一体いくら位で購入ができるのか、誰もが気になるところです。

このカテゴリでは、ブラザーやキャノン、NECといった大手メーカーから需要の多いトナーをピックアップ。

そのトナー品番を各ショップで調べて、ショップ内で一番安く購入できる価格を載せました。

 

激安トナーを使うと経費をいくら削減できる!?

どこのショップが一番安いのかが一目で分かりますし、純正品の価格も載せているので、純正品から乗りかえた場合どれだけ節約になるのかを把握することもできます。

ぜひ手持ちのプリンター対応トナーと照らし合わせて、価格をチェックしてみて下さい。現在買っている純正トナーが年間いくらかかっているのか、激安トナーに替えるとどれくらいお得になるのかを計算してみましょう。

特にカラープリンターを使っている場合や多くのプリンターを使っている企業では、まとめて激安トナーに替えることで今すぐ大幅に経費を削減することができます。激安トナーの中には定価よりも80~90%以上安い商品もあるので、その差に驚くことでしょう。

また、価格だけでなく合わせて送料や保証の有無も記載しています。こちらも参考にしながらトナーを選んでみて下さい。

各メーカーの純正トナーとリサイクルトナーを比較

最適な画質の「ブラザー」純正トナー

プリンターの代表的な存在でもあるブラザー。長年プリンターに携わってきただけあり、プリンターのみならずインクにも強いこだわりがあります。 ブラザーの純正インクは研究に研究を重ねられ、最適な画質を提供してくれます

読みやすいシャープな文字から、滑らかで美しい写真にまで対応しており、純正品ならではの画質を楽しむことができるでしょう。

ブラザー

自動で使い分ける「キャノン」の純正トナー

キャノンの純正トナーは独自の研究に基づき開発されています。プリンター本体、プリントメディア、トナーのそれぞれが相乗効果を発揮し、より高画質な印刷を楽しむことができ、美しいカラー写真のプリントに最適な染料インクと、シャープな文字のプリントに最適な顔料インクを融合させる「ハイブリットシステム」で自動的に使い分けしてくれるのも特徴です

キャノン

色あせから守る「エプソン」の純正トナー

エプソンのインクと言えば、CMでもお馴染みの「つよインク。」ですよね。 自宅で写真印刷をしたあとに気になる褪色やにじみなどにしっかり対応。壁に貼っても持ち歩いても色あせることなくキレイな状態が続きます。

写真の印刷をすることが多いという方は、エプソンのつよインク。をぜひ使ってみてください。

エプソン

オフィス利用に最適化!「NEC」の純正トナー

NECのプリンターは官公庁や企業などオフィス利用での利便性に特化したモデルが多く販売されています。ランニングコストもさることながら、長期間・大量の印刷をする際に安定して印刷をすることのできるスペックも求められるため、動作の安定性や堅牢性がNECのプリンターの特徴といえるでしょう

そんなNECの純正トナーの特徴は、新たに登場したEA-HG (Emulsion Aggregation-High Grade 乳化重合凝集法)トナーです。新技術を導入し、マゼンダの発色を改良したため、赤・青・緑などの2次色の再現性がさらにアップしています。

さらに、従来のトナーよりも溶けやすい素材を使用しているため、再生紙など表面が粗い紙にもきれいに印刷できる特徴があります。

主に紙資料を大量に印刷する企業ユースのために最適化されたプリンター・トナーであるといえそうです。

NEC

お得な料金プランも!「京セラ」の純正トナー

京セラはもともと携帯電話やOA機器の製造を専門としているメーカーで、機器の耐久性について強みがあります。プリンターの心臓部ともいえるドラム、また現像剤などプリンターの各部材と一体になって高品質な印刷を実現できるのが京セラのプリンターの特徴でしょう。

とりわけ現像剤の供給システムであるCASS(Carrier Auto Streaming System)は京セラならではのシステムで、常に新しい現像剤を供給し、古いものを自動で回収するため、複合機の性能を最大限発揮した状態で印刷を行うことができます

純正トナーであればこうした各部材ごとの性能と組み合わせて高品質な印刷をすることができるので、そういった意味でもおすすめです。

また、リースの際は費用面などが気になるところですが、メンテナンスを自社で行うプランなど、お得な料金プランも設定されているため効果的に組み合わせていけばコストパフォーマンスよく使用することができます。

京セラ

業務用にオススメ!高コスパ「リコー」の純正トナー

もともと導入費用も安くオフィスに導入しやすいといわれていたリコーのプリンターですが、新たに開発されたカラーPxP-EQトナーの登場によって、品質でも十分に戦えるものとなりました。

この新トナーの特徴は、「省エネ」と「高品質」を両立させたことにあります。そもそもトナーはインクと異なり粉末です。この粉末をプリンターが発する熱により溶かし紙に吹き付けることによって印刷を行うのです。

従来のトナーではこの粉末を溶かすための温度を高く設定しなければならず、電源を入れた際の立ち上がりの遅さや電気代にも響いてしまったのです。このトナーでは新素材を活用することにより、低い温度で溶けやすくなっており省エネにもつながっているのです。

また粉末の粒子を細かくし吹き付け技術を向上させることにより、印刷に必要なトナーの消費量削減、無駄なテカりの解消も実現しました

リコー

省エネ機能やメンテに特徴「富士ゼロックス」の純正トナー

富士ゼロックスのトナーは改良によって省エネと高品質化という一見相反するような課題を解決し、まるでオフセット印刷のような資料をプリンターで作成できるようになりました。

そんな技術の一つとしてEA-Ecoトナーがあります。この技術はトナーを構成するポリエステルの配分、また乳化凝集技術に独自の改良を加えることによって、トナーが溶ける温度を下げ、電気代の節約につなげています。

プリンターが消費する電力の7割はトナーを溶かし、紙に吹き付ける際に使用されるため、その部分を省エネにすることの効果は大きいでしょう

また、その後継技術であるEA-Ecoクリアトナーは富士ゼロックスならではの技術と言えます。従来はシアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色がトナーの色でしたが、5色目として“透明”を導入したものです。写真印刷などの際には各色の上に透明色を吹き付け、各色のバランスをとるとともにまるで写真屋さんで印刷したような光沢を与えるのです

富士ゼロックス

保証付きの純正トナーとコスパが良いリサイクルトナー

純正トナーはメーカー品としての安心感があり、故障などのトラブルも少なく、万が一の際もメーカーが保証をしてくれます。

プリンターをまだ使い慣れていない方には純正トナーがおすすめと言えるでしょう。

また、純正トナーには最初からプリンターに合った型番が記載されています。リサイクルトナーと見比べたりしなくても、すぐにほしいトナーを購入することができるのは便利ですね。

一方でリサイクルトナーが向いているのは、たくさん印刷する機会がある方、印刷にかかる費用を抑えたい方です。

純正トナーは非常に高価ですので、たくさん印刷をするとすぐに買い換えなくてはならず、どうしてもそのコストが気になってしまいます。

会社の資料などで毎月大量に印刷することがわかっている方なら、最初からリサイクルトナーを検討していてもいいでしょう。

各メーカーが研究を重ねて開発している純正トナーですが、それと同時にリサイクルトナーも研究が進んでいます。純正トナー同等レベルの仕上がりを実感することが可能ですので、品質が不安という方でも安心です。

デメリットはあるが解決法もある

リサイクルトナーは、万が一の故障の際メーカーでの保証を受けられないというのが一番のデメリットです。

また、リサイクルトナーは様々なメーカーから作られていますが、質の悪いメーカーから購入してしまうと初期不良が起こりやすかったり、仕上がりに不満を抱いてしまうということも起こりえます。リサイクルトナーを選ぶ際は各メーカーをよく比較して、自分が納得できるメーカーから購入してください。

例えば、「こまもの本舗」では保証期間のあるリサイクルトナーを扱っているため、リサイクルトナーのデメリットを無くすことができます。

こまもの本舗で取り扱っているキャノンのカートリッジ303 互換トナー CRG-303は、低価格でありながらも高品質のものが印刷できるコストパフォーマンスが優れた商品です。「どのメーカーのリサイクルトナーが良いのかわからない」という方はこまもの本舗のリサイクルトナーをチェックしてみると良いでしょう。

各社の人気レーザープリンターを徹底比較!対応リサイクルトナーも紹介!

それでは、各メーカーが販売している人気のレーザープリンターと、対応する激安リサイクルトナーをご紹介します。具体的にどの組み合わせだとどれくらい経費を削減できるのかも、併せて見ていきましょう。

ブラザー「ジャスティオ HL-3170CDW」

白と黒のシンプルなデザインに、モノクロなら1分あたり22枚という高速印刷も可能な、ブラザーのレーザープリンターです。手頃な価格でフルカラー、自動両面印刷機能つきで、用紙をむだにすることもありません。無線LAN対応モデルなので、ケーブルをつながなくてもパソコンやスマートフォンから印刷可能となっています。対応するトナーは、「TN-291BK」です。純正品だと定価は7,880円ですが、リサイクルトナーだと68%オフ、2,580円で購入することができます。

キャノン「PIXUS TS8030」

2015年に発売されたスキャナー機能つきレーザープリンター「PIXUS MG7730」よりも小型化し、従来よりも25%狭いスペースに設置することができる、キャノンの定番プリンターです。6色ぶんの染料インクと顔料インクを合わせることで、くっきり鮮やかな印刷を可能にするほか、4.3型の見やすいタッチパネルを搭載し、WiFiやSDカードを使って印刷することもできます。

対応するリサイクルトナーは、「BCI-370」と「BCI-371」シリーズです。「BCI-370XL」の純正品と互換品を比較すると、キャノンの公式サイトで1,480円で販売されているものが、リサイクルトナーなら780円で手に入ります。

 

NEC「MultiWriter 5650C」

MultiWriter 5650Cは、家庭用のレーザープリンター入門機として人気のある機種です。自動両面印刷機能などはついていませんが、A4サイズの印刷が可能で、無線LANにも対応しており、独自のドラムヘッド技術とドラム組み込み機能を導入することで、使いやすさ、メンテナンスのしやすさに特化しています。 対応トナーは、「PR-L5600C」シリーズです。

例として、マゼンタカラーの金額を比較すると、純正品がひとつ6,900円するのに対して、リサイクルトナーだと1,780円で購入可能です。

京セラ「FS-1370DN」

机の横に置くことのできる、省スペース設計のモノクロレーザープリンターとなっています。1分あたり35枚という速度で印刷することができるため、急にたくさんの書類が必要になったときも安心です。 対応トナーは「TK-131」で、純正品だと定価は14,000円もします。一方、リサイクルトナーであれば、同等品が1,800円です。

リコー「SP C260L」

SP C260Lは、コンパクトなサイズで1分あたり20枚印刷できるカラーレーザープリンター。有線LAN接続とWiFiに対応しており、スマートフォンやタブレットから直接印刷できるダイレクト印刷機能も標準装備です。 利用できるのは「RICOH SP トナーカートリッジ」シリーズで、定価は8,500円となっています。しかし、リサイクルトナーだと4,536円です。

富士ゼロックス「DocuPrint C2110」

事業用に開発されているDocuPrintシリーズのなかでも、環境に配慮した材料選びをし、小型軽量化されているタイプのレーザープリンターとなります。縦長のデザインで、場所を取らないためデスクに置くことも可能です。無線LAN接続はできませんが、印刷物の情報漏えいを防ぐセキュリティが搭載されています。対応トナー「CT201086」を純正品とリサイクル品で比べると、定価4,100円に対して実売1,250円です。

エプソン「カラリオ EP-979A3」

エプソンの定番であるカラリオシリーズのなかでも、A3用紙の印刷まで対応する、高機能な複合機となっています。WiFi機能はもちろんのこと、印刷時の動作音も小さくなっており、タッチパネルも利用可能です。 大容量トナー6色パックの「KUI-6CL-L」は、エプソン公式サイトで7,916円、リサイクルトナーだと2,980円で入手できます。

リサイクルトナーは、純正品と比べ物にならないくらい安いです。経費を抑えることを考えたとき、どちらを選ぶべきかいうまでもありません。ただ、リサイクルトナーを扱うショップにもいろいろあります。

粗悪品を購入せずにすむように、当サイトで紹介しているような、信頼できるショップを利用してください。