お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!

不具合が起こったときの保証は?

リサイクルトナーに不具合が生じたり、プリンタが故障したりしたとき、販売店やメーカーによる保証はあるのでしょうか?

リサイクルトナー、またはプリンタの不具合発生に対する保証

リサイクルトナーの不具合と、トナーが原因によるプリンタの保証の違いは。

◆リサイクルトナーに不具合が生じた場合

まず、注文したリサイクルトナーに不具合があった場合、その不具合が販売店の責任であれば、当然ながら無料で返品・交換が可能です。

典型例をあげてみます。

  • 届いたトナーが破損していた
  • 注文と異なる商品が届いた
  • プリンタが正常に作動しない

◆プリンタが故障してしまった場合

もちろん、注文者の責任による不具合の発生については、返品・交換は行いません。注文者の故意、または不注意によるトナーの破損などです。

次に、リサイクルトナーを使用してプリンタが故障した場合ですが、まずメーカーの保証はないと考えましょう。

メーカーでは純正トナーの使用を推奨しており、非純正を使用した場合のプリンタの故障の可能性を、あらかじめ警告しています。そのため、リサイクルトナーの使用によるプリンタの故障については、使用者の不注意による故障とみなされて、保証は適用されません。

では、販売店がその保証を行ってくれるのでしょうか?

販売店では、通常、故障を発生させる原因となったトナー代については返金してくれます。しかし、故障したプリンタの代用品を無償提供したり、金銭によって保証したりすることは、通常、ありません。

実際の製品で紹介!リサイクルトナーメーカーの品質保証

では、実際にリサイクルトナーを使用した際、リサイクルトナーメーカーはどんな品質保証を行ってくれるのでしょうか。

代表的な6つのリサイクルトナーメーカーを例に紹介していきます。
リサイクルトナーの使用をお考えの方は、メーカー別の品質保証などもふまえて考えてみてください。

プリンターセット後でも保証付きの「こまもの本舗」

リサイクルトナーを格安で販売しているこまもの本舗。

こまもの本舗では、リサイクルトナーが不良品だった場合購入した日から1年以内であれば返品、返金、交換の対応を行ってくれます。

また、リサイクルトナーメーカーの保証は未使用の場合に限るという場合もありますが、こまもの本舗の場合はプリンターセット後でも保証がついています。実際に使用してから不良品だった場合、保証がないと最悪プリンターごと買い換える必要がありますので、このような保証がされているのは嬉しいですね。

品質保証期間は2年!「アップルトナー」

リサイクルトナーの他互換トナーの販売も行っているアップルトナー。一般的なビジネス文書などの書類をプリントアウトする分に関しては純正品と遜色のない出来のリサイクルトナー、互換トナーばかりです。 アップルトナーでは、購入日から2年間の品質保証があります。

使用中に印字できなくなったなどのトラブルにも対応してくれるのは嬉しいですね!

しかしこの品質保証には様々な条件がありますので、おかしいなと思ったらまずはホームページをよく確認しておきましょう。

「トナプロ」は修理費負担のサービス有り!

ホームページが見やすく、発送などの対応もスピーディーなことに定評のあるトナプロ。

トナプロの品質保証期間は1年間となっています。 印字不良などの場合にも修理、無料交換してくれます。さらにトナプロで購入したリサイクルトナーが原因でプリンターが故障したという場合も、修理費を負担してくれるというサービスも!

事前にトナプロに連絡をしてから修理に出さないとこの保証は受けられず、他にも条件がありますので、よく確認してから修理に出すようにしてくださいね。

多彩なサービスが無料の「トナー.jp」

豊富な品ぞろえが自慢のトナー.jp。保証もしっかりしているので、リサイクルトナーを初めて使用する場合も安心です。トナー.jpでは、購入日より1年間を保証期間と定めています。不良品の返品、交換、修理などを無料で行ってくれます。

また、リサイクルトナーが原因でプリンターに不具合が生じたという場合もトナー.jpが修理代を負担してくれます。

リサイクルトナーが原因で故障したことが分かるメーカーの証明書などが必要となりますので、事前に確認して必要書類を揃えておくようにしてくださいね。

製品によって保証期間が違う「トナカイ便」

リサイクルトナー、新品トナー、インクカートリッジなど、プリンターに関する様々なアイテムを販売しているトナカイ便。 そんなトナカイ便の保証は、販売したアイテムによって保証期間が違うので注意が必要です。

リサイクルトナーの場合は1年半、新品のトナーの場合は一年、インクカートリッジの場合も一年間となっています。しかしリサイクルトナーの場合通常の対応は修理となりますので、修理から戻ってくる間の期間代わりのトナーを用意しておく必要があります。

また、購入後90日間の間なら返品、交換も可能なのはかなり嬉しいですね!とりあえずリサイクルトナーを試してみたかった!という人にもおすすめの保証となっています。

メジャーな「ヨコハマトナー」は少し厳しめの品質保証?

リサイクルトナーメーカーの中でヨコハマトナーもメジャーなメーカーですね。

しかし品質保証に関しては他のメーカーより少し厳しめになっています。

まず、不良品、違う商品が届いたという場合は商品到着後7日間以内にヨコハマトナーに連絡する必要があります。購入者の都合による返品、交換はできないのでご注意を。1年間の保証がつくのは、不具合のあった商品に関してのみとなっています。

すべてのリサイクルトナーに長期保証がついているわけではないので、万が一不具合が起きても、保証対象外になってしまうケースが多いようです。

たとえプリンタが故障してもリサイクルトナーを利用したほうがお得?

プリンタが故障する恐れがあるならば、リサイクルトナーは使用しないほうが良い、ということになるのでしょうか?

結論から言うと、たとえ故障の恐れがあったとしても、リサイクルトナーを使ったほうがお得でしょう。

理由は2点あります。

  • リサイクルトナーの使用によるプリンタの故障は、ゼロではないものの、ほとんどないからです。
    万一、プリンタが故障したとしても、リサイクルトナーが原因ではないことが多いでしょう。
    そもそも純正トナーの不具合は普通1~2%ですが、リサイクルトナーでも1~2%
    純正品とリサイクル品でそんなに差異がないのであれば、お得なリサイクル品の方がいいですよね。
  • たとえプリンタが故障したとしても、純正トナーを使うよりはリサイクルトナーを使ったほうが、長い目で見てコストパフォーマンスが良いからです。
    純正トナーはとても高額です。2本買えばプリンタ1台分の費用になるものもあります。
    プリンタの価格を落として、高額な純正トナーの販売で利益を上げるというのが、メーカー側のもくろみだからです。