お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!
リサイクルトナーの通販サイト徹底比較 » イチから知る!リサイクルトナーの新常識 » そもそもトナーとは?プリンタや印刷の仕組みを解説

そもそもトナーとは?プリンタや印刷の仕組みを解説

プリンタは印刷方法によっていくつかの種類に分けることができ、印刷する際にはトナーかインクが必要です。

ここでは、トナーとインクの違いやプリンタの種類、印刷の仕組みなどについて解説します。

 

そもそもトナーって何?

トナーとは、プリンタやコピー機などで使用される、静電複写印刷によって紙に文字や画像を再現するための粉末状のインクのことです。 トナーは消耗品なので、印刷回数を重ねると残量が少なくなっていき、完全に無くなると印刷ができなくなります。残量がなくなった場合は新しいトナーに交換することで再度印刷が可能になります。

またトナーには、熱に溶けやすく接着剤の役割を果たす合成樹脂(プラスチック)や色の素となる顔料、ワックス、帯電制御剤などの成分が含まれています。 プリンタでカラー印刷する場合は、通常C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(黄色)、K(黒)の4色が使われます。

トナーとインクは使い分けが重要

プリンタを使用して印刷するには、トナーかインクが必要になりますが、それぞれ印刷方法や特徴などが異なります。

トナーはプリンタやコピー機などで使われており、印刷方式はレーザー熱や静電気を利用した静電転写方式です。印刷速度が速く、耐久性に優れているなどの特徴があり、業務用として頻繁に文書などを印刷する場合には適しているといえます。

インクはインクジェットプリンターで使用され、液体インクを熱や圧力の力でそのまま用紙に噴射して印刷します。 色がより鮮やかで再現性が高いのが特徴で、高画質な写真印刷には向いていますが、印刷速度が遅く容量も少ないため大量に印刷する場合には向いていません。

プリンタで印刷する仕組みって?

プリンタの種類と特徴

プリンタは印刷方法によって、インクジェット式のプリンタやレーザープリンタ、インパクト方式プリンタなど、いくつかの種類に分けることができます。

一般的な家庭で使われているインクジェット式プリンタは、コンパクトで多色刷りも可能ですが、ランニングコストが高めで、インクが液体のため、にじみが発生するデメリットには注意が必要です。

レーザープリンタは、ランニングコストが安く、にじみが発生しないのできれいに印刷でき、大量印刷には最も向いているプリンタといえます。

インパクト方式プリンタは、インクリボンという帯状のフィルムを使って印刷しますが、解像度が低いため画像などの印刷には向かず、複写式の伝票などを印刷するのに適しています。

レーザープリンタの印刷の仕組み

まず、トナーカートリッジの内部にある感光ドラムを帯電させ、帯電した感光ドラムにレーザーの光を照射することで、イメージとして組み立てられた印刷データをイメージどおりに描きます。レーザー光が照射された部分は静電気がなくなるため、その箇所にだけトナーが付着するという仕組みです。次に印刷する用紙を密着させることで、感光ドラムに付着したトナーを熱で溶かして用紙に転写して印刷を行います。

大量印刷におすすめのリサイクルトナー

特に業務用でレーザープリンタを使用し、文書などを大量に印刷する場合、かなり多くのトナーを消費するため、純正品では価格が高くなり、ランニングコストも高くついてしまいます。

リサイクルトナーは、純正品と比べて価格が非常に安く、経費の削減にも繋がります。コスパにも優れているため経営上のメリットは大きいといえます。

また、品質も年々向上し、最近は純正品にも見劣りしません。不具合も少なく、万が一トラブルが発生した場合でも、保証してくれるリサイクルトナーのメーカーが多いです。

あなたも、リサイクルトナーでコストを削減しませんか?