お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!

リサイクルトナーってどんな商品?

リサイクルトナーがどのような商品なのか解説し、純正品と比較してメリット・デメリットを紹介します。

いま注目のリサイクルトナーとは?

●リサイクルトナーの価格が安いのはなぜ?

リサイクルトナーとは、レーザープリントや複写機で使用したメーカー純正の空のトナーカートリッジを回収し、分解、洗浄、修理、純正品と同量の新しいトナーを充填して再利用をしたトナーのことです。

純正品はプリンター本体の製造メーカーが生産している、新品のトナーカートリッジのことです。プリンター本体のメーカーが提供しているためもっとも品質が高く安定した印字ができます。

リサイクルトナーは使用済みのカートリッジを再生しているため、純正品に比べると不良率が高くなってしまうデメリットがあります。

●トナーは全部で3種類

また、似たようなものでは互換トナーがありますが、互換トナーはリサイクルトナーとは違い、「プリンタメーカー以外が製造したトナーカートリッジ」のことを指します。

プリンタメーカーの定めている規格に整合するように作られたもので、非純正のオリジナルのトナーカットリッジになります。

これら3つの中からどれを選ぶかは使用者次第ですが、純正品に比べるとコストが大幅に削減できるメリットが大きく、近年ではリサイクルトナーや互換トナーを導入する企業が増えています。

需要の伸びにともない互換トナーの品質はどんどん向上していて、ここ数年でメーカーにもよりますが純正品に近い品質や障害発生率まで抑えることができているため、過去にトラブルがあったから使用していないという方は非常にもったいない。

純正品の不良率が1%前後に比べると、リサイクル品は現在2~3%程度と言われていますが、ほとんどの購入ショップでは初期不良は返品交換が可能。不具合に備えて予備のトナーを用意しておけば、ほぼこのデメリットを穴埋めすることができます。

純正品・リサイクルトナーのメリット・デメリット

純正品

<メリット>

  • メーカーブランドの安心感がある
  • トラブルが起きた場合、メーカー保証期間内なら無償修理ができる

<デメリット>

  • 単価が非常に高く、コストパフォーマンスが悪い
  • 生産終了した型番を手に入れにくい

リサイクル・互換トナー

<メリット>

  • 純正品に比べて非常に単価が安く、コストパフォーマンスが良い
  • メーカーによっては純正品と同等並みの品質がある
  • リサイクルトナーの場合、再生品のため地球にも優しい
  • メーカーが生産終了した型番でも購入ができることがある
  • 純正品よりトナーを多く充填した大容量のリサイクルトナーカートリッジもある

<デメリット>

  • 初期不良が純正品よりも起きやすい
  • トラブルが起きた場合、メーカー保証期間内でも無償修理を断られることがある
  • メーカーによって品質に差がある