お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!
リサイクルトナーの通販サイト徹底比較 » イチから知る!リサイクルトナーの新常識 » リース契約したプリンタにもリサイクルトナーは使えるの?

リース契約したプリンタにもリサイクルトナーは使えるの?

最近は、純正品を購入するよりもかなりコストを抑えることができ、品質も良くなっているリサイクルトナーが注目を浴びています。

ここでは、リース契約したプリンタにリサイクルトナーを使っても問題はないのか、リサイクルトナーを使うメリットについて解説します。

 

 

 

リースのプリンタにもリサイクルトナーは使える!

結論をいってしまうと、リース契約したプリンタにリサイクルトナーを使用しても何ら問題はありません。また、リサイクルトナーが直接の原因となってプリンタが故障するようなことは、通常ほとんどありません。

リサイクルトナーを使用したときの故障率は純正品とほぼ変わらない!

そもそもリサイクルトナーは、空になったトナーカートリッジを業者が回収し、中身を充填しなおして納品してくれるというもの。基本的にカートリッジ本体は純正品のものを再利用するため、故障する確率も純正品を使用した場合とほぼ変わりません。具体的には、リサイクルトナーが2〜3%、純正品が1〜2%といわれています。

しかし、リサイクルトナー使用時の故障すべてが、「リサイクルトナーだったから故障した」というわけではありません。仮に純正品を使用していたとしても同じように故障していただろうと推測できることもあり、リサイクルトナーを直接の原因として故障する確率は、実際にはもっと低いといえます。

ただし、プリンタの保守契約に加入している場合であっても、リサイクルトナー使用時にプリンタが故障した場合は、メーカー保証が受けられなくなる場合があるため、注意は必要です。

しかし最近では、不具合が起こることを想定し、リサイクルトナーが原因で故障が発生した場合でも、修理を保証したり無料で代替品を送ったりする業者がいるので、確認してみましょう。

純正品とリサイクルトナーとの違い

純正トナーはメーカー正規品なので、高品質で不具合もほぼなく安心感がある反面、価格が非常に高いというデメリットが存在します。一方、リサイクルトナーは純正トナーと比べて価格が非常に安く、年々品質も向上しているので、純正品と比べても遜色がありません。

また環境に優しくエコに貢献でき、コストパフォーマンスにも優れているので、経費削減にも繋がり、業務用として頻繁にプリンタを使用する会社や個人は、大きなメリットを享受できます。

プリンタのリース契約について

プリンタのリースは、お客の代わりにリース会社がプリンタを購入して貸し出し、契約した一定期間の間、毎月のリース料をリース会社に支払っていく仕組みになっています。 契約する前には与信審査があり、審査にパスしなければリース契約はできないので注意が必要です。 契約期間は通常3~7年で、契約期間が終了するまでは原則として中途解約ができません。 また契約期間終了後は、使用したプリンタを一旦リース会社に返却するか、格安で買い取るか、再契約するかのいずれかの選択となります。

リース契約の特徴は、プリンタの所有権がリース会社にあるため、契約期間が終了しても自分の所有物にはならないという点です。

その代わり固定資産税や保険がリース会社の負担となり、お客は支払う必要がありません。

レンタルとリースの違い

レンタルの場合は契約期間が比較的短く、中途解約が可能です。

またレンタルでは中古品の場合が多いのですが、リースでは新品や最新機種を扱える場合が多いようです。

使用頻度が低く短期契約で使用したい場合にはレンタルが向いており、逆に使用頻度が高く長期契約で使用する場合にはリースが適しているといえます。

プリンタをリースするメリット

プリンタをリースする場合のメリットとして、先ず初期費用がかからず毎月わずかなリース料で使用できる点が挙げられます。 毎月のリース料が経費として処理でき、固定資産として計上されないので、固定資産税を支払う必要もありません。

経費削減をするのなら、リースプリンタとリサイクルトナーの併用も検討してみるとよいかもしれませんね。