お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!
リサイクルトナーの通販サイト徹底比較 » イチから知る!リサイクルトナーの新常識 » リサイクルトナーはどうやって中身を詰め替えているの?

リサイクルトナーはどうやって中身を詰め替えているの?

使用済みのトナーカートリッジは、一旦リサイクル工場に集められ、分解、クリーニング、トナー充填、組み立て、検品などの各作業工程を経てリサイクルトナーに生まれ変わります。

ここでは環境に優しいといわれるリサイクルトナーができるまでのリサイクル過程について解説したいと思います。

 

 

 

リサイクルトナーができるまでのリサイクル過程について

1. 回収・選別

まず使用済みのトナーカートリッジをお客様から回収し、リサイクル工場に集めます。次に回収されたトナーカートリッジの傷や破損などによる傷み具合をチェックし、リサイクルが可能かどうかの判別を行います。そして再生可能と判断された物だけが、メーカー、機種別に区分けされることになります。

2. 分解・チェック・クリーニング

トナーカートリッジの分解作業工程では、あらゆる部品を分解するとともに、その部品が再生利用できるのかどうかの検査とクリーニングが必要となります。トナーカートリッジは多くの部品で構成されているのですが、そのうち再生利用が可能な部品はクリーニングを行い、使用できない部品は新しい部品と交換するようになっています。

印刷する際の重要な部分となるドラムや帯電ローラー、ブレード、ワイパーブレードなどの部品をそれぞれ取り出し、クリーニング作業、もしくは交換を行います。

3. トナーの充填・部品交換

クリーニングしたトナー容器に新しい高品質のトナーを規定量充填することになりますが、トナーインクはカートリッジごとに異なります。トナーインクはメーカーや機種ごとにインクの成分や配合が異なるためで、インクが適合しないとプリンタの故障の原因にもなります。 またリサイクルトナーは、純正品と成分がまったく同じではないので、色合いが多少違うこともありますが、技術の進歩により純正品に限りなく近くなっています。

そしてリサイクルトナーのリサイクル過程において、クリーニングしても使用できない劣化した部品は、きちんと新品と交換して不具合が出ないようにします。

4. カートリッジの組み立て

分解した作業工程とは逆の方法で、ワイパーブレードや転写ローラー、ドラム、帯電ローラーなどの部品を組み立てていきます。トナーが補充されている部分のトナーホッパー部から組み立て、次に廃トナーボックスがあるウェストビン部を組み立て、最後にカートリッジ全体を組み立てて作業が完了します。

5. 検品(品質チェック・テストプリント)

組み立て作業が完了すると次は検品作業に移りますが、ここでは正常に印刷できるのかプリンタによる印字テストを行います。モノクロトナーとカラートナーの両方で印字テストを行いますが、カラーはモノクロに比べ色のバランスが難しいので、入念にチェックを行い、色調整するようにしています。 印字テストにパスできなければ、当然商品として出荷することができませんので、再度リサイクル工程に回されることになります。

最終的に印字テストにパスしたトナーカートリッジのみが、リサイクルトナーとして正式に商品化されるのです。

6. 梱包・出荷

印字テストをクリアしたリサイクルトナーは、保存に最適な場所に保管され、お客様から注文が入れば梱包され、出荷されることになります。なおリサイクルトナーは、デリケートで衝撃に弱いので、丁寧な梱包作業が必要となります。

商品が出荷され無事にお客様の元に届けば、一連のリサイクル過程が終了することになります。