お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

お得で安心!リサイクルトナー通販サイト徹底比較

コスト削減に役立つ、リサイクルトナー通販サイトを徹底調査!

コストダウン 職場のコストを大幅にカット!!

安さで選ぶ!リサイクルトナー通販サイトの価格を徹底比較

純正トナーを再利用したリサイクルトナーの魅力は、何といっても値段がとても安いこと!純正品の50~90%OFFで購入できるため、トナーを多く使っている企業ほど大幅なコスト削減が可能。近年は品質も大幅に向上していて、リサイクルトナーを導入する企業が年々増えています。

リサイクルトナーと純正品のトナーの違い

トナーの種類 リサイクルトナー 純正品トナー
メリット
  • コストパフォーマンスが高い
  • 充実した保証がある
  • 高品質な仕上がり
  • 不具合が起こりにくい
デメリット
  • 2~3%の割合で不具合が起こる
  • 使用する印刷機によっては不具合が発生する
  • 純正品と比べ、カラーの色合いが異なる
  • コストパフォーマンスが低い
  • 保障はメーカーのみ

リサイクルトナーと純正品トナーはここが違う

リサイクルトナーと純正品トナーの大きな違いは「値段」です。リサイクルトナーは純正品と比べて安い価格なので、コストパフォーマンスが高いのがメリット。トナーの消耗が激しいオフィスであるほど、リサイクルトナーは力を発揮すると言えます。

しかし、リサイクルトナーと聞くと多くの方は「品質が悪い」「劣化しやすい」と考えているのではないでしょうか。現在のリサイクルトナーはひと昔前と比べて非常に使い勝手が良くなっており、個人法人のみならず各府省でも使われています。府省での使用率は非常に高く44.8%です。

品質も純正品と変わらないリサイクルトナーも販売されています。例えば、こまもの本舗の製品はパイロット社製で、非常に高品質なトナーです。リサイクルトナーによっては純正品と同じように活用できますよ。

また、リサイクルトナーは保証も充実しており、メーカー以上の保証をしてくれる業者も多いです。リサイクルトナーに問題が発生した場合にすぐ対処してくれます。

人気通販サイトの最安トナー価格を比較

そこで当サイトでは、まず主要メーカーである、ブラザー、キヤノン、NEC、京セラ、リコー、富士ゼロックス、エプソンの売れ筋トナーを調査。

品質が良いトナーを安く買えると評判の通販サイトも調べて、最安の価格を比較しました。今お使いのものよりもコストを抑えたいという方はぜひ参考にしてください。

メーカーのロゴマークをクリックで、さらに詳しい比較表へ!
リサイクル
トナー
販売店
トナー型番
TN-25J
トナー型番
CRG-328
トナー型番
PR-L5700C-16
トナー型番
TK-131
トナー型番
IPSiO 6100H
トナー型番
CT201086
トナー型番
LPA4ETC7
純正価格
7,500円
純正価格
8,100円
純正価格
6,900円
純正価格
14,000円
純正価格
60,000円
純正価格
4,100円
純正価格
10,500円
こまもの
本舗
2,047円 1,584円 1,944円 2,243円 5,328円 2,109円 3,518円
アップル
トナー
3,500円 4,000円 3,500円 取扱なし 6,800円 3,500円 3,900円
トナー.jp 3,780円 4,752円 5,400円 4,860円 9,936円 3,024円 5,076円
トナカイ便 3,780円 4,482円 5,292円 7290円 9,234円 3,888円 4,320円
ヨコハマ
トナー
取扱なし 1,630円
(送料込)
1,750円
(送料込)
5,880円 6,580円 2,090円
(送料込)
5,980円
(送料込)

※価格は2014年7月現在のものを掲載しています。
価格は変動する可能性があるため、最新の情報は各社の公式サイトをご確認ください。

純正トナーと比較してリサイクルトナーがオススメな5つの場面

純正トナーと比較して圧倒的に安価であるという大きなメリットがあるリサクルトナー。ここでは、どんな場面で大きなメリットあるか、具体的な場面を紹介したいと思います。

1. 大量の試し刷り、ネット情報などを大量にプリンアウトしたい場合

純正トナーの場合は、どうしてもインクを無駄にできないという考えが働いてしまうもの。

例えばパソコンで図面や資料を作成した際、プリントして紙ベースで確認したいことが多いと思いますが、インクが無駄になると考えると、ためらいがあります。

その点、リーズナブルなリサイクルトナーなら、ためらうことなく、何回でもプリントして確認することが可能です。

また、ネットにある情報をプリントしたい場合、情報量によってはかなりインクを消費してしまうもの。

しかし、画面よりプリントのほうが見やすいこともあります。そうした場合、リーズナブルなトナーなら負担がかかることはありません。

2. リサイクルトナーは環境に優しい

リサイクルトナーは、その名のとおり再生品であり、産廃ゴミの削減に貢献している環境に優しい製品です。そのため、企業として環境への配慮をアピールしたいといった場合は、積極的にリサイクルトナーを使うことがメリットとなります。

3. メーカーが生産終了した型番を購入可能

純正トナーの場合、ある程度古い型番は生産終了になってしまっており、そもそも購入できないということも。そうなると、そのプリンター自体使えないことになってしまいます。リサイクルトナーの場合、機種によってはメーカーが生産終了した型番のものでも購入できるため、長期間にわたり使い慣れたプリンターを使うことができます。

4. 大容量商品が多いため取替が少ない

特にカラーでたくさん印刷する場合、インクの消費が激しいため、トナーの取替が頻繁になってしまいます。トナーの取替は、それほど手間ではありませんが、急いで作業している場合、トナーの取替は少なく済むにこしたことはありません。もちろん純正にも大容量商品はありますが、リサイクルトナーのほうが種類は豊富であり、さらに普通のものに比べてお買い得というメリットがあります。

5. リサイクルトナーは品質も向上してきている

純正トナーの大きなメリットはその品質があげられますが、リサイクルトナーも最近では品質が向上してきており、普通紙にプリントするくらいなら純正トナーとそれほど遜色ありません。実際に両方でプリントしてみて、違いがわからない場合も多いようです。

高画質を求めるならリサイクルトナーは向かない?

逆にリサイクルトナーではなく、純正トナーを使用したいという場面は「高画質な写真をプリント」「年賀状用に写真をプリント」など、解像度の高い画像をプリントしたいとき。しかし、そもそも写真をきれいにプリントしたい場合は、純正トナーであっても家庭用プリンターでは満足できないという声も多いです。

こまもの本舗なら安くて高品質なリサイクルトナーが買える!

調査の結果、各メーカーの売れ筋トナーをもっとも安く購入できるのは「こまもの本舗」でした。

「こまもの本舗」はなぜ低価格なのか、安くても品質は大丈夫なのか。そんな疑問について徹底調査してみました。

とにかくローコスト!安い互換トナーも選択可能

リサイクルトナーを扱うショップでは、「リサイクルトナー」のみのショップと「互換トナー」も取り揃えているショップがあります。

「こまもの本舗」では人気メーカーの各型番に対して、リサイクルトナーだけでなく互換トナーも用意しています。

「とにかく安いトナーが欲しい」という方にとっては最適な商品が見つかるでしょう。

有名なパイロット社を取り扱っているので、品質で選ぶことも可能

パイロットのリサイクルトナーの画僧「こまもの本舗」では筆記具で有名なパイロット社や、プライムダイレクト社製の高品質な国産リサイクルトナーを取り揃えています。

特にパイロット社製のリサイクルトナーは、官公庁や一流企業で使われてきた最高品質。国内の自社工場でリサイクルをしており、確かな印字寿命を確保しています。もしパイロット社のリサイクルトナーが原因でプリンタに不具合が起きた場合でも、修理代はパイロット社が負担をしてくれます。

「リサイクルトナーは安いけど品質が心配…」と思っている方には、パイロット社のリサイクルトナーがおすすめ。こまもの本舗はキャノンからエプソン、リコー、ブラザー、NEC、富士ゼロックス、カシオまで幅広く対応しているので、目当ての品番を見つけやすいのも魅力です。

トナーは全品送料無料で1年間の保証にも対応

こまもの本舗のサイト画像「こまもの本舗」で扱っているトナーは全品送料が無料。トナーの価格自体は安くても後から送料を請求されるのは損した気分になりますよね。

「こまもの本舗」ではその心配はなく、サイトの表示価格のみで買い物ができます。

購入後の保証は1年間付いてきますし、後払いにもしっかり対応してくれます。15時までなら在庫品は即日発送が可能と、細やかなサービス面においても文句なしの対応力です。

こまもの本舗のトナーの詳細をみる

【このサイトについて】

このサイトは、個人が調査した内容を元に構成しています。価格やサービスの内容は変動する可能性があるため、最新情報は各社の公式サイトをご確認ください。(価格・サービスについては2014年7月現在のものを掲載)